【片づけ・断捨離の基準】何に縛られたくないか、何にだったら縛られても致し方ないか

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

今日は、

そもそも、どんな基準に基づいて、

片づけや断捨離をしていくのがよいか

書いていきたいと思います。

 

 

私たちは、

「何かから完全に自由である」

ということはなく、

 

必ず、

多かれ少なかれ、

 

何かと結ばれていたり、

何かに依存していたり、

何かに縛られている部分が

あると思います。

 

 

片づけや断捨離とは、

つまり、

 

【それらとの結びつきをゆるめ、

ある程度の強さをもって、

それらを切り離していく作業】

 

なのだろうと思います。

 

 

そこで、

自分の心に聞いてみます:

 

「あなたは、何に縛られたくないの?」

 

「じゃあ、何にだったら、

縛られても致し方ないと思う?」

 

 

この際、

自分への質問の言葉は、

《縛る・拘束する》など、

 

強めの言葉を選びましょう。

 

 

例えば、

 

「何と結ばれていても

致し方ないと思う?」

 

などという、

柔らかな問いかけをしてしまうと、

 

覚悟を決めて切り離すのが

難しくなると思います。

 

 

以上、今日は、

片づけや断捨離をする際の、

そもそもの基準と、

 

自分にどのような言葉かけをして、

片づけを進めていくとよいか

 

ということについて、

お話しさせていただきました。

 

 

お読みいただき、

ありがとうございました。

今日も、

良い一日をお過ごしくださいね。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

 

『ひとこと日記』は、《メールの下書き》で書くと、続けやすい

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

誰にも見せない

自分だけの日記に、

 

気づいたこと、考えたこと、

素直な気持ちや願い、

などを書くと、

前に進みやすいですよね。

 

 

日記は何のアプリでつけますか?

それとも手書きですか?

 

 

私は、アプリと言えばアプリですが、

メールの《下書き》で、

気楽なひとこと日記を書いています。

 

メール1通が、1か月分。

宛先はもちろん入れず、

それを下書きで保存しています。

 

 

他にアプリを

インストールしなくても、

いつも使っている

メールアプリで済むし、

他のデバイスでも使えるので、

 

思い立ったら、

いつでも気軽に、

下書きメールに、

ひとこと、

記入することができます。

 

 

私は、続かない方法はすぐに

やめてしまうほうなのですが、

 

この方法はけっこう

続けやすいと感じます。

 

 

それでは、また。

心地よい夏の時間を

お過ごしくださいね。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

 

1日5分の勉強で、全然ちがってくる! (2020.8.1.更新)

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

今日は、私がしている、

『5分間勉強法』について、

お話しします。

 

 

私は長い時間勉強するのが苦手です。

 

家で勉強していると、どうしても

他の〈やらなきゃいけないこと〉

が気になって、落ち着かなくなります。

 

理由はそれだけではないのですが、

一度集中力が途切れると、

続けるのは難しいです。

 

 

そこで私がしているのが、

『5分間勉強法』

 

一つのことを5分勉強できれば、

自分にOKをあげます。

 

そんな5分を、

1日に何回かつくります。

 

例えば、

1日3回それを繰り返すと、

15分です。

 

それを10日続けると、

150分。

 

30日(1か月)続けると、

450分です。

 

毎日少しでも、

やるのと、

全くやらないのとでは、

大きく違ってきますよ。

 

 

資格を取ろうとするなら、

勉強を始めてから

1〜2年後の受検を考えます。

 

よく、

資格試験のテキストなどには、

「2か月で合格!!」

などと書いてありますが、

 

その目標は、自分の中に

取り入れなくて大丈夫です。

 

 

個人的には、今は、

次の勉強のために、

時間を確保したいです:

 

1.お金に関すること

2.英語

 

できるだけ、

《《自分のため》》

と思って、楽しく勉強したいです。

 

 

勉強の目的は、

〈仕事や社会や誰かのために

役立てるように〉

じゃなくて、全然OKですよ。

 

自分のためだけに勉強したって、

全然構わないんです。

 

そう思って勉強したほうが、

勉強って楽しいものになると

思うんです。

 

 

それでは、また。

良い一日をお過ごしくださいね。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

 

【物と資産の管理】取り扱いやすいものを取り扱う。そうじゃなければ手放す。

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

今月は、私自身が、

「うまく取り扱えてないよなあ」

と思うものを、

少し手放してみました。

 

 

もらったり受け継いだりしたものの、

それについて知識がなく、

また、趣味ではないものなどです。

 

前は趣味だったけど、

今はそうでもなく、その知識に

長らく触れていないものなんかも、

そうですね。

 

 

詳しいわけでないものを、

市場価格がいまいちよくわからない、

いわゆる、非公開の場で手放す。

 

「あまり、公正な取引は

 できてないかもな」

なんて、思ったりもするのです。

 

 

それだったら、

市場で価格が公開されている、

株式などの金融商品は、

比較的取り扱いやすいなあと、

個人的には思ったりします。

 

 

そんなわけで、

 

【取り扱いにくい】

と感じるものは手放し、

 

【取り扱いやすい】

【取り扱える】

ものだけを、

身の回りに置いておきたいです。

 

 

重量があるものや、

取り扱いに一手間以上かかるものも、

私の中では、取り扱いにくいもの

かもしれません。

 

 

逆に、使いきって手放しやすい、

日常の消耗品などは、

私にとって取り扱いやすく、

優しいものかもしれません。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

 

カード払いは、紙の家計簿と相性が良いです (2020.7.1.更新)

 

 

 

 

こんにちは、りるです。

今日も家計簿の話をします。

 

 

 

 

 

 

私は、クレジットカード

買い物した時は、

 

現金で払った時と同じように、

その日のうちに

家計簿に計上しています

 

 

たとえ、カード会社への支払い

(口座引き落とし)が、

1〜2か月後だったとしても、

 

『カードで払って、物を手に入れた』

その時に、家計簿に記入すると、

 

【物を手に入れた。

 だから支払いが発生している】

 

ということが、自分の中で、

明確に意識されるようになりますよ。

 

 

紙の家計簿ですと、

それをつけようとするたび、

以前のカードでの買い物も、

パッと目に入ってきます。

 

自分の手でその日のうちに

記入するのって、案外、

《使い過ぎ》を防ぎやすいです。

 

 

クレジットカードという、

キャッシュレス決済。

 

『買ったこと』を意識化し、

使い過ぎを防ぐという観点では、

の家計簿と相性が良いです。

 

 

 

なお、

サンプル画像の手書き家計簿は、

スキルシェアサイト“ココナラ”で、

配布しております。

 

こちらも、

よろしくお願いいたします。

 

 

今日もお読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ