家計簿は、紙とペンと電卓があれば、つけることができます(2020.10.4.更新)

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

今日は、私がつけている

家計簿のお話をします。

 

 

もちろん、過去には、

市販の家計簿を

つけていたこともあるのですが、

 

「もっと無理なく家計簿を

続けられる方法はないかな」と、

 

まずは、家にある

A4のコピー用紙に、自由に

書いてみることから始めました。

 

そして、

何か月か試行錯誤し、結局、

次の書き方に落ち着きました。

 

 

その方法とは:

 

 

まず、その日の支出を

レシートごとに書き出して、

合計します。

 

それを10日間繰り返し、

10日間の合計を出します。

 

次の10日間、

その次の10日間も、

同じことを繰り返します。

 

これで30日分になります。

[30日間の支出]

を合計します。

 

別の表に[固定費]

を書き出し、合計します。

 

[30日間の支出]

[固定費]を、合計します。

 

 

大まかに書くと、

このような感じです。

 

 

記入は、

A4のコピー用紙の表裏1枚

済むようにしています。

 

A4のコピー用紙に、

レシートごとに支出を書く。

 

この方法では、

紙と筆記用具と電卓さえ用意すれば、

つけることができます。

 

 

 

なお、

A4の表裏1枚に印刷して使える

【シンプルな手書きの家計簿】を、

スキルシェアサイト“ココナラ”で、

配布しております。

 

こちらも、

よろしくお願いいたします。

 

 

今日もお読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

 

家計簿はレシートごとに記入すると続けやすい(2020.10.3.更新)

 

 

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

今日は、

家計簿を続けやすくするためには

どうすればよいか

考えていきたいと思います。

 

 

 

私自身、一般的な家計簿は、

あまり続いたことがないです。

 

 

続けにくいなあと思う理由は、

 

《食費》《日用品費》と、

買ったものを分類して書くように

できているものが多いからです。

 

 

 

 

 

 

上の画像は、

私が自分で作って使っている

フォーマットです。

 

 

基本、

レシートごと(お店ごと)

に、記入しています。

 

レシートの枚数も、

できるだけ少なくなるように、

お店を絞って、買い物をします。

 

できれば、買い物をする日数も

減らしたいですね。

 

 

そうすると、ほら、

記入する箇所自体が、

少なくなります。

 

記入箇所を少なくすると、

家計簿は続けやすいです。

 

 

 

家計簿は

どこかに提出する書類ではないので、

“指定の様式”みたいなものも、

ないはずです。

 

また、

つけなきゃいけないもの

でもありません。

 

でも、

家計を把握するためには、

続けることが必要です。

 

 

 

1つのお店で、

食品と日用品を一緒に買うことって、

よくありますよね。

 

買った商品を

《○○費》に分類するのが億劫で、

家計簿が続かなくなるくらいなら、

 

いっそ、

【費目に分類しない書き方】

を、考えていっても

よいのではないでしょうか。

 

 

 

私自身、お店ごとに

記入するようになってからは、

無理なく続けられています。

 

 

 

以上、今日は、

家計簿の続けやすさについて、

少し考えてみました。

 

 

なお、

サンプル画像の手書き家計簿は、

スキルシェアサイト“ココナラ”で、

配布しております。

 

こちらも、

よろしくお願いいたします。

 

 

今日もお読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

 

資産運用で大切にしていることは《シンクロニシティ》です。

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

今日は、私が

資産運用で大切にしていること

について少し書きます。

 

 

私が

資産運用で大切にしていること。

その1つが、

シンクロニシティです。

 

 

シンクロニシティとは、

“意味ある偶然の一致”

 

 

「なんか、今、こうしたいな、

こうしたほうがいいんじゃないかな」

 

という

虫の知らせのようなものがあって、

 

そうしてみると、

《いいことがあった!》

という経験、ありますよね。

 

 

シンクロニシティって、

そういう感じです。

 

 

資産運用に置き換えると、

 

「なんか、今、チャートを

見たほうがいいんじゃないかな」

 

「そういえば、あの商品はどうだろう」

 

なんていう予感がすること、

ありますよね。

 

 

これに基づいて起こした

何らかのアクションは、

かなり成功率が高いです。

 

(私の場合です。あくまでも、

投資は自己責任でお願いしますね)

 

 

シンクロニシティで大事なのは、

“体調”

 

体調が良いと、

シンクロニシティは起こりやすいです。

 

逆に、疲れているときは、

シンクロニシティが

起こりにくいかもしれません。

 

 

こういうときは、無理をせず、

資産運用はお休みします。

 

無理をすると、

失敗につながるからです。

 

 

 

以上、今日は、

私が資産運用で大切にしている、

“シンクロニシティ”について、

お話ししました。

 

お読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

 

【私は手書き派】家計簿は《続く》方法でつけるのが大事だと思う(2020.9.28更新)

 

 

 

こんにちは、りるです。

今日は家計簿の話を少しします。

 

 

家計簿はデジタルのものも

アナログのものもあると思います。

 

みなさんはどのような家計簿が

使いやすいと感じますか?

 

 

 

私はと言うと、

家計簿は『手書き』するのが、一番

無理なく続けられるなあと感じます。

 

手書きなら、サッと出して、

すぐ書けるからです。

 

 

 

それがアプリだと、

《起動して入力するのが面倒だな》

と、思ってしまいます。

 

そして、いつの間にか、

起動しなくなります。

 

 

 

もっと言うと、家に置いてある

A4のコピー用紙表裏1枚で、

1か月分の記入を済ませています。

 

紙1枚に収めてしまえば、

パッと見で、1か月の全体像を

ざっくりと把握できます。

 

 

そんなやり方で、

家計簿を続けることができています。

 

 

 

家計簿は、

【自分に合った、続けられる方法を取る】

のが、最も大事かなあと思います。

 

続けることで、

家計を把握することができます。

 

 

 

以上、今日は、家計簿の話でした。

 

 

 

なお、

A4の表裏1枚で1か月分が済む

【シンプルな手書きの家計簿】は、

スキルシェアサイト“ココナラ”で、

配布しております。

 

こちらも、

よろしくお願いいたします。

 

 

今日もお読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

 

〈CD・DVDの収納グッズ〉タワレコスマートケース

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

今日は、CDとDVDのコンパクト化

についてです。

 

 

手放せる物は手放して、

収納をコンパクトにミニマムにして

暮らしたいです。

 

それでも、

手放せない・手放したくない

物ってありますよね。

 

 

CD・DVDに限って言うと、

 

どこにも配信されていない

映画のDVDなんかがそうですし、

 

CDも持っていたい物は

持っていたいです。

 

 

それでも、「できるだけ

コンパクトに収納したい!」

 

 

そこで、CD・DVDについては、

タワレコスマートケース

に、収納しています。

 

ジャケットのイメージも

歌詞カードも

CD・DVD自体も、

 

非常にスリムな形で

持ち続けることができ、

大変気に入っております。

 

 

以上、今日は、

CDとDVDのスリム化について

少しお話しいたしました。

 

今日もお読みいただき、

ありがとうございます。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ